So-net無料ブログ作成


ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー←ファミリーでのご旅行や、帰省とかにも、便利で、お得♪

骨粗しょう症 [美容・健康]

骨粗しょう症とは・・・

骨密度が減少してしまって、そのせいで、骨がもろくなってしまい骨折しやすくなってしまうこと。


日本では、骨粗しょう症の患者さんと、その予備軍まで含めると、2000万人以上になると推定されているんだそうです。

7人に一人って、すごい数字ですよね。

赤ちゃんまで、含めての「7人に一人」ですから。



女性に多いんだそうです。

特に、閉経後の女性は、注意が必要なんだそうです。

閉経後は、女性ホルモンが、急激に変化することで、骨粗しょう症になりやすくなるんだそうです。

なんと50歳以上の女性の3人に1人が、「骨粗しょう症」患者なんだそうです。


怖いのは、年齢だけではなく、ダイエットでも。

普通の無理のないダイエットなら、大丈夫らしいのですが、

過度で、急激なダイエットを行うと、

20歳代でも、「骨粗しょう症」になってしまう女性が、増えているんだそうです。



骨粗しょう症のメカニズムとは・・・

人間は、カルシウムを腸で吸収するようになっているんだそうです。

ただ、加齢などの原因で、カルシウムを吸収する力が、弱くなっていってしまうものなんだそうです。

そうすると、体内に吸収されるべきカルシウムが、少なくなるので、

どこかから、補填してこないといけなくなるんだそうです。

その補填先が、骨なんだそうです。

骨に蓄えられているカルシウムを、補填してしまうと・・・

骨が、カスカスになってしまって、「骨粗しょう症」になってしまうんだそうです。



加齢からくる、骨粗しょう症は、避けられないものなんだそうです。

骨密度という指標は、40歳ぐらいをピークにして、減少の一途をたどるものなんだそうです。


ということで、誰にでも、なりうる可能性が、あるんだそうです。



ということで、その年代になったら、カルシウムを積極的に摂取するべきなんですね。

厚生労働省の指標では、成人の場合には、1日に650ミリグラムのカルシウムを、摂取するのが、望ましいんだそうです。


それなら・・・牛乳を飲みましょうっていうことに。

なるのですが、そこに、ちょっとした問題があるんだそうです。


それは、牛乳からのカルシウムの吸収率っていう壁が、あるんだそうです。

一般的に、牛乳200ccには、220ミリグラムのカルシウムが、含有されているんだそうです。

ところが、人間の体は、牛乳を飲んだとしても、カルシウムの吸収率は、約4割程度なんだそうです。


ということは、200cc飲んだとしても、220ミリグラムの4割で、90ミリグラム弱しか摂取できないっていうことに。

ということで、簡単に計算すると、牛乳だけから、1日の摂取基準を摂取しようとすると・・・

牛乳を約1.4リットル飲まないといけないということに。


そんなに・・・

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。